東海アクシス看護専門学校

新着情報

平成31年度入学生 一般入学試験の出願受付中です。

2018.12.03新着情報・入試情報

出願受付期間は、

平成30年12月3日(月)~12月18日(火)午後5時00分必着です。

 

一般入学試験(高等学校を卒業又は平成31年3月に卒業見込みの方)

試験日:平成31年1月10日(木)、平成31年1月22日(火)

平成31年度入学生 入学試験の募集要項です。

https://axis-ns.jp/files/31年度入学生 募集要項(一般).pdf

 

入学願書の請求方法は、こちらのページからご確認ください。

http://axis-ns.jp/contactus/request.html

 

第30回クラウンメロンマラソンのボランティアに参加しました。

2018.12.13新着情報・地域貢献への取り組み

12月9日(日)に袋井市で開催された第30回クラウンメロンマラソンのボランティアに本校学生30人(1年23人、2年7人)が参加しました。毎年主催者である袋井市スポーツ協会から依頼されており、今や本校の年中行事となっております。担当は、マラソン42.195㎞の最終盤37.4㎞地点にある第8給水所、エイドステーションの業務です。

当日は冬晴れでしたが、風が強く冷たい天候での業務となりました。給水所では、水、スポーツドリンクの紙コップへの用意、エイドステーションでは、イチゴのへた取り、バナナの皮をむいて切り分ける、ミカン、レモンの皮をむき一口サイズにカットする、団子・お饅頭の小分けなどの準備作業をし、ランナーの到着を待ちました。

ランナーがやってくると、用意したものが置かれたテーブルからランナーが取りやすいようにみんなで手を伸ばして渡しながら声援を送りました。ランナーの皆さんは、看護学生からの差し入れと応援に対して「ありがとう」と答えてくれました。人の手助けをして喜ぶ顔を見ることが好きな看護学生であるため、やっているうちにとても楽しくなり、あっという間に最終ランナーまで送ることができました。

また、今大会ゲストとして参加していた 猫ひろし さん(2016年リオデジャネイロ五輪マラソンにカンボジア代表で出場)も第8給水所、エイドステーションの前を走りました。学生は猫さんにハイタッチできてよい思い出となりました。

今年初めて参加した1年生の学生の感想です。

「私は、バナナを切って渡す業務をやりました。準備ではバナナを一口で食べられる大きさに切るように考えながら切っていきました。選手には最初紙コップに入れた状態で渡していましたが、手で直接渡すようにしたら、受け取ってくれるランナーの方が多くなったのでうれしかったです。準備をしている時は、中学生ボランティアの皆さんや地域の方々と協力して取り組みました。今回ボランティアに参加してみて、地域の方と関わるよい機会であり、また、ランナーにバナナを渡しながら大きな声で応援し、手を振って答えてもらえることがとても楽しかったです。来年もぜひやりたいです。」

「私は、果物を切って準備する作業をしました。直接ランナーに配る食べ物に触れるため、トレー、包丁、まな板はきれいに洗うように心がけました。限られた時間で準備をしていく中で、自分から進んで仕事を行っていく、また手が空いたら次にどの仕事をやったらいいのか早く見つけ手伝うと 効率よく作業が出来ると分かりました。準備から配るところまで地域の方々と一緒に行いましたが、皆さんよい方ばかりでした。ランナーの方に配るときに明るく笑顔で接するとうれしそうに答えてくれました。元気を与えられたことが実感できてとてもよかったです。」

「人が人を応援することの素晴らしさを知りました。マラソンは一人で戦うスポーツと思っていましたが、そうではなくたくさんの応援する人たちと共に戦い、共に楽しむスポーツであり、さまざまな感動が生まれる素敵なスポーツであると応援をしていて思いました。頑張って走っている姿を見ていて自分自身もパワーもらい、ランナーから「ありがとう」の一言をもらうとこのボランティアに参加してよかったと思いました。地域の行事に参加することで、地域の魅力を知り、より一層地域を好きになると思いました。また、他の地域の人にもこの地域が好きになってほしいと強く思うことで、この行事を盛り上げて成功させたいという力になると感じました。来年も参加したいです。」

「苦労した点は「いちご」ということをランナーに分かってもらうことでした。また、ランナーにタイミングよくパスするのが大変でした。そこで工夫したのは、大きな声を出して「いちご」だと認識してもらうことと、なるべくランナーに取りやすいように「いちご」の入ったコップを持ち、タイミングよく手を離すことでした。何かを頑張っている人はすごく輝いていて格好いいと感じました。フルマラソンの最後の給水所だったので、すごく大変でしんどそうなランナーもいましたが、「頑張れ」の声援に対し笑顔を向けてくれたり、「ありがとう」と言ってもらえたりしてうれしかったです。このボランティアを通して、『どんなに長い距離でも1歩1歩進めば、ゴールに近づいていく』とランナーの背中を見て学びました。また、地域の方々とふれあうだけでなく、日本全国、世界各地の方々とふれあうことが出来るとてもよい機会であると感じました。」

ボランティアに参加した学生は、皆がとても充実した1日であった様子でした。とても寒い1日でしたが、与えられた業務を時間内に手際よく行うことが出来ました。段取りよく仕事を行うことは、今後の学習にも生かせるのではないかと思います。今年参加した1年生がまた来年も参加して、次の1年生を指導しながら継続的にこのクラウンメロンマラソンのボランティアに参加していけたら、アクシスの良き伝統になっていくと思います。

平成31年度入学生 推薦・社会人入学試験の合否通知を郵送しました。

2018.11.15新着情報・入試情報

推薦・社会人入学試験の合否通知を郵送しました。

11月19日(月)までに届かない場合はご連絡ください。

総務課 電話番号:0538-43-8111 平日のみ午前8時30分~午後5時15分

 

推薦入学試験(高等学校を平成31年3月に卒業見込みの方)

試験日:平成30年10月19日(金)、平成30年10月31日(水)

合格者数は27人です。

平成31年度入学生 入学試験の募集要項です。

https://axis-ns.jp/files/31年度入学生 募集要項(推薦).pdf

 

社会人入学試験(短大・大学を平成31年3月に卒業見込みの方を含む高卒既卒以上の方)

試験日:平成30年10月19日(金)、平成30年10月31日(水)

合格者数は3人です。

平成31年度入学生 入学試験の募集要項です。

https://axis-ns.jp/files/31年度入学生 募集要項(社会人).pdf

今年度の学校見学の申込み受付は終了しました。

2018.11.15新着情報

今年度の学校見学は終了しました。

オープンキャンパスに参加できなかった方を対象に学校見学を行います。

【内容】

学校概要・入試状況の説明・奨学金制度・学費に係る説明、校内施設見学、質疑応答など オープンキャンパスで実施したもののうち模擬授業体験を除いたものを行います。

【対象者】本年度受験希望者のみを対象とします。(高校生は3年生のみ)

【日程】

 1回目   10月22日(月)   午後4時00分開始

 2回目  10月22日(月)   午後6時00分開始

 3回目  11月15日(木)  午後4時00分開始

 4回目  11月15日(木)  午後6時00分開始

【申込方法】

 電話にて申し込みお願いします。(平日:午前8時30分~午後5時15分)

 東海アクシス看護専門学校総務課

 電話 0538-43-8111

【その他】

 いずれの回も開始時刻の15分前までに来校してください。

 当日、試験問題集(過去4年間分)1セット800円で販売します。ご入用の方は、つり銭のないようにご用意ください。

 開始時間につきましてある程度は調整が可能ですので、申し込みの際お伝えください。一般入試を受験する前に本校のことを知っておく良い機会です。ぜひ興味のある方は申し込みください。

第22回カリヨン祭(学校祭)を開催しました。

2018.11.15新着情報・カリヨン祭

平成30年11月10日(土)に第22回カリヨン祭(学校祭)を開催しました。

今回は、「輪~広めよう看護の心~」をテーマに学生実行委員が中心となって、聴診器を使ってみよう、子育て体験~沐浴・だっこ~、ハンドリラクゼーション、車いすに乗って段差、ジグザグ体験、救命救急体験など看護学校ならではの企画を開催したほか、焼きそば、フランクフルト、ふりふりポテト、カリヨン祭委員による「おえかきせんべい」の模擬店も出店しました。

昨日の強雨から心配されましたが、秋晴れの暖かい天候のもと、第22回カリヨン祭を行うことができました。

献血コーナー(51人献血実施)では、学生・教職員だけでなく、来場された方にも協力していただき、時間中受付が途切れることがありませんでした。学生ホールでは地域の福祉施設(4施設)に出店していただき、どのお店も多くの方でにぎわいました。

今年度は地域の高校生の来場が多くなりました。本校の雰囲気を感じて、本校受験を目指すきっかけになっていただけたらと思いました。また、卒業生も多く来校し、教員との再会や後輩のおもてなしを受けて、あちこちから歓声が上がっていました。お子さんを連れて来校した卒業生も多くいて、かわいい声も聞かれました。看護学校の学校祭ならではのとても良い光景が見られました。

当日は、地域の皆さんや高校生など560人の方々にお越しいただきました。来場された方からは、「学生の皆さんがいろいろと話しかけてくれて楽しかったです。」 「初めて来ましたがとても楽しめました。来年もまた来たいです。」 「各企画とも看護学生が頑張って取り組んでいて素晴らしかったです。」 「ハンドマッサージは人気があって待ちましたが、とても気持ちがよかったです。」 「子供にもいろいろ体験できる企画があり、1日楽しめました。」 「同じ学校出身の先輩方に学校の話をたくさん聞けてよかったです。」 「すれ違う学生の皆さんが明るい挨拶をしてくれて感心しました。看護学校ならではのブースがいろいろあって楽しめました。」といった感想が寄せられ、地域の方々との貴重な交流の時間がもてました。

1年生からは、「来場された方皆さんが笑顔で、楽しそうにしていらっしゃいました。企画を作り上げ当日運営することはとても大変ですが、全員で協力することでスムーズに仕事が進んでいくことを見て、改めて仲間との協調性の大切さを学びました。来年は、早くから準備を進めて、よりよいカリヨン祭になるように全力で頑張ります。今日は、学生の力を発揮できたり、地域の方々と触れ合うことのできたりする良い機会となりました。貴重な体験ができ、来場された方々に感謝します。」など感想がありました。

昨年を100人以上、上回る多くの方々にご来場いただきありがとうございました。在校生は、地域の皆さまとの交流、卒業し地域の病院で看護師として勤務している先輩の姿を見ることができ、大変有意義な時間となりました。1年生の実行委員が中心となって来年もより楽しめる「カリヨン祭」にしていきます。ぜひご期待ください。

 

今回のカリヨン祭は、1・2年生16人から構成されるカリヨン祭実行委員会が中心となって準備から当日の全体の進行、各企画の取りまとめ、会計等の事務を行いました。委員の学生の感想を紹介します。

平田実行委員長

実行委員長という責任の重い役をやることになり、自分に勤まるのか不安でしたが、他のカリヨン祭委員の学生に協力してもらい、助け合いながらでき、なんとかやり通すことが出来ました。ご来場くださった皆さんも楽しそうにしていた姿を見て、今回の活動を通していろいろな方とふれあうことが出来て、貴重な経験となりました。多くの方々にご来場いただき、ありがとうございました。

 

2年生委員(企画)

早くから動き始めないと当日スムーズに回らないなと感じました。来場された方との連絡の取り合いは、カリヨン祭全体に関わることなので責任が大きく1日大変でした。来場された方は挨拶をすると笑顔で返してくれ、小さなお子さんも元気で楽しんでいる様子が見られたのはよかったです。カリヨン祭が地域の方々とのふれあいの場になることはとてもよいことだと思います。仕事の大変さや責任の大きさについて学ぶことが出来ました。後輩には、カリヨン祭の進行の準備を早い段階から準備していってほしいです。

 

2年生委員(クラス担当)

「らくがきせんべい」には、たくさんのお客様に来ていただき、とても楽しく、うれしかったです。親子連れからお年寄りの方まで、いろいろな方とコミュニケーションがとれて貴重な時間となりました。準備が多く大変でしたが、よい機会となりました。後輩には今年以上にもっと活気のあるカリヨン祭になるよう応援しています。

 

1年生委員(企画)

自分が担当した企画は考えることややることが多く大変でしたが、同じ委員やクラスの学生と協力して進めることが出来てよかったです。当日のことを考えると、カリヨン祭委員のみで決めるよりもクラスの学生が主体となって考えたり、進めたりするほうがよりよい企画になると思いました。小さなお子さんからお年寄りまで多くの方に来場していただき、とてもうれしかったです。来年は私たちが主体となって1年生を引っ張っていきながら頑張っていきたいです。

 

1年生委員(副委員長)

初めてのカリヨン祭で何をしていいのか最初分からずにとまどいましたが、2年生と協力して一緒にカリヨン祭を盛り上げることが出来てよかったです。「らくがきせんべい」をカリヨン祭委員会の企画として初めて行いましたが、多くの方が来て、楽しく絵を描いていました。また、来場された方皆さんが笑顔であふれていていました。来年も多くの方に喜んでいただける企画をカリヨン祭委員で考えていきたいです。

ページのトップへ