東海アクシス看護専門学校

新着情報

クラス対抗スポーツ大会を開催しました。

2018.06.08新着情報

平成30年6月7日(木)1.2限に本校体育館において、1・2年生によるクラス対抗スポーツ大会が開催されました。

実行委員長が中心となって各クラスの体育委員の協力を得て大会はスムーズに運営されました。

種目は、バスケットボール、バレーボール、ドッジボールの3種目です。昨年度の種目にもあった、バスケットボール、バレーボールは2年2組が優勝し、先輩の貫録を見せました。一方、新種目のドッジボールは、1年2組のAB2チームによる決勝戦となり、1年生も若さを発揮した感じでした。9月28日に開催される静岡県自治体立看護学校協議会球技大会では、バレーボール7年連続優勝、バスケットボールの王座奪還に向けて、2年生を中心に1年生を引っ張っていき、練習に取り組んでもらいたいです。球技大会の担当教員も個々の学生の動きをチェックして、選手選考をしていました。

入学してから2か月余り、座学がほとんどで、演習も未履修の1年生にとっては、かなり活動的な時間を過ごせたことと思います。また2年生は、様々な課題に取り組む日々の中で、リフレッシュする機会になったことと思います。競技する学生さんも、応援する学生さんも、教室では見せない一面を互いに見せ合い、より親睦を深められたことでしょう。

秋の静岡県自治体立看護学校協議会球技大会に向けて、学校一丸となって取り組もうというムードが高まりました。学生さん全員に配られたお茶や、競技終了後の表彰式で贈られた賞品は、自治会の協力を得て準備されました。学生さんみんなで企画・運営され成功したスポーツ大会となりました。

校内の花壇に花の苗を植えました。

2018.06.05新着情報

6月5日(火)に総務課職員で校内の花壇に花の苗を植えました。この花壇は植えていた樹木が枯れてしまったため、腐葉土、肥料を入れて花壇に整備したところです。冬春期間にパンジー・ビオラを植えていましたが、夏が近づく季節となり、日日草に植え替えました。

先週今までの苗を抜き、肥料、苦土石灰を入れて整地しておきました。日日草の苗は、袋井市内にある障がい者就労支援施設 社会福祉法人明和会 あきは寮 から購入しました。昨年度に予約をしておき、あきは寮の皆さんがこの時期に合わせて苗を育ててくれました。

天候が心配されましたが、晴れのいい天気となりました。様々な花の色がありどのように苗を並べるかいろいろと考えながら配置していきました。土が乾いているため1か所ずつ掘ってホースで十分に水を入れてから、苗を植えていきました。苗の植える間隔を調整しながらの作業でしたが、日頃室内でパソコンに向かっての仕事が多い総務課職員にとって、屋外で花と向き合っての作業は、心地のいいものであり無心になって、作業に取り組みました。

植え終わって花壇を見渡すと、花の苗が風にそよぐ姿が見られ、きれいになりました。本校へ来校の際は、ぜひ花壇にも目を向けてください。

オープンキャンパスの模擬授業の内容が決定しました。

2018.05.30新着情報・オープンキャンパス

平成30年度は次のとおり2回開催します。皆さんのご参加をお待ちしております。

【日時】

1回目 平成30年7月29日(日)午前9時30分~正午(受付 午前9時~)  

2回目 平成30年7月29日(日)午後1時30分~午後4時 (受付 午後1時~)

 

【内容】                                                                                     

学校説明・平成31年度学生募集について・模擬授業体験・施設見学・保護者向け説明会・個別相談・在校生との懇談会 など

模擬授業の内容は決まり次第、ホームページに掲載します。なお、模擬授業については、当日受付にてお申込み、選択は当日受付順となります。模擬授業は同伴者のお申し込みはできませんのでご了承ください。

オープンキャンパスの模擬授業

模擬授業の内容は開催日時ごとに多少違いますので、下記ちらしをご確認ください。なお、模擬授業については、当日受付にてお申込み、選択は当日受付順となります。同伴者のお申し込みはできません。また、当日の申し込み状況によっては、模擬授業の内容、人数に変更がある場合があります。

参加者が模擬授業を受けている間に、同伴の保護者の方を対象にした保護者向け説明会を行います。「看護専門学校に置ける学び」について副校長から説明します。

模擬授業案内ちらし はこちら

https://axis-ns.jp/files/7月29日(日)午前 模擬授業案内ちらし.pdf

https://axis-ns.jp/files/7月29日(日)午後 模擬授業案内ちらし.pdf

 

【申込期間】

平成30年6月23日(土)~7月20日(金)

【申し込みについて】

オープンキャンパスの参加には、事前申し込みが必要です。

本年度も各回とも定員を設けております(定員90人)。申込受付は先着順とさせていただきますので、ご注意ください。また、各回とも定員に達したところで申込受付は終了となります。

【申込方法】

①電話で申し込み

②FAXで申し込み ちらし裏面に必要事項を記載

③ホームページから申し込み 申し込みフォームに必要事項入力

④スマートフォンから申し込み スマホサイトから申し込みフォームに必要事項入力

【お問い合わせ】

東海アクシス看護専門学校 総務課 電話 0538-43-8111(平日午前8時30分~午後5時15分)

オープンキャンパスのちらし はこちら

https://axis-ns.jp/files/30オープンキャンパスちらし.pdf

 

 

※オープンキャンパスに参加できない方へ

オープンキャンパスに参加できない方には7月30()~9月6(木)の間、日時は指定(土、日、休日を除く)学校見学を受付いたします。

学生・社会人は問いませんが、本年度の受験希望者を対象とさせていただきます。希望される方は、電話でお申し込みください。

 

申込先:東海アクシス看護専門学校 総務課 電話 0538-43-8111

平成30年度臨地実習指導者会議研修会を行いました。

2018.05.28新着情報

5月26日(土)に平成30年度臨地実習指導者会議研修会を行いました。実習先である管内5病院(磐田市立総合病院、中東遠総合医療センター、市立御前崎総合病院、菊川市立総合病院、公立森町病院)の教育担当者、実習指導者38人、本校教員18人、合計56人が参加しました。研修会では毎年講師の先生をお呼びして講演会を実施しております。今年度は、関西医科大学看護学部教授 安酸(やすかた)史子 先生に、「経験型実習教育とは 実習場面での具体的な関わり方」という演題で講演をしていただきました。現代の若者気質を理解し実習の場面でどうかかわっていくかについてお話がありました。

 講演、質疑応答のあと、午後からは、グループに分かれて講義の内容に基づいてグループワーク、ロールプレイ、さらに発表と、実践的な活動を通して学びを深めました。

 参加者からは「学生の考えを決めつけず、どんなふうに考え行動したかを確認することが大切であり、教員(指導者)が対話を通して関わることで、経験の意味を探求させていけることを学びました。そのためには、発問の方法、メッセージ、リフレクションなどを工夫していくことが必要だと感じました。グループワークを何回か行ったことで、講義の内容がより具体的に理解できて、良い機会となりました。」などの感想がありました。

 今回は、グループワークの機会が多くあり、実習病院の教育担当者、指導者と本校教員が話し合いをする機会がありお互いの考えや意見を言ったり、聞いたりすることで、協力して学生の実習を良いものにしていくという目標を共有することができました。

メロプラフェスタ2018のボランティアに参加しました。

2018.05.24新着情報・地域貢献への取り組み

5月20日(日)に袋井市にあるメロープラザで行われたメロプラフェスタ2018に本校1.2年生20人がボランティアに参加しました。

メロプラフェスタとは、袋井市浅羽地域の社会教育施設であるメロープラザを使用している各種市民団体が集まって活動の報告をしたり、健康に関するブースを設けて参加される方が体験したりする年に一度のお祭りです。本校では、平成28年度より袋井市健康づくり課からの依頼で、健康づくりに関するブースにてボランティアに参加しています。

1年生5人は、袋井市健康づくり課が行った「数字拾い(認知症テスト)」、「血糖値クイズ」、「ながら体操の体験」のお手伝いをしました。ながら体操は、いすに座ってかかと上げ1分、つま先上げ1分、ウォーキング(足上げ、手ふり)1分のセットです。学生は来場者の呼び込みと参加された方と一緒にながら体操を行いました。一緒にやってみると結構きつい運動でしたが、高齢の方でも元気よくやってらっしゃる方もいて、日頃の運動が大事であることを改めて知りました。

「初めてのボランティア活動への参加でしたが、楽しく活動ができました。授業で学んだばかりの他人の話を「傾聴」するということを意識して今日1日活動し、看護学生としての一歩を踏み出すことができたのではないかと思います。」、「小さなお子さんから、高齢の方まで様々な方に楽しんでいただけて良かったです。認知症テストと言ってもゲーム感覚で小さい子供たちも真剣にやっていました。」、「小さいお子さんにルールを説明するのが、大変でした。他人と関わる経験をして、個々人に合ったコミュニケーションのやり方を考えて行動することができました。」「娘さんがアクシスの卒業生という方から声をかけられ、「毎日大変でしょうけど頑張って看護師になってね。」と言われてうれしかったです。」など1年生から感想がありました。

 

看護学生として、今後実習で患者様と接することが多くなっていく学生にとって、こうした健康に関することで、一般の方と接する機会はとても貴重な体験となります。また、地域の方々とのふれあいの中で、地域の方の優しさ、地域とのつながりがあっての学校ということを感じることができます。「自分自身の視野も広がり多くのことを学べる」と今後もボランティア活動に参加していきたいという意見が多く、有意義な1日となりました。

ページのトップへ